老活 生活スタイル

もう50歳なのか、まだ50歳なのか

Pocket

この前、妻と話した時のこと。

あんまり自分の仕事の話はしないのだが(そもそもうちの妻は俺の仕事の詳細をほとんど知らないし、ブログもSNSも読んでない)、珍しく今の仕事の話。

今動いてる仕事の話なんかをした。

もともと同じ職場の人間だったし、俺がやりたいことやしたいこと、考えてることはわかってる人なので、いま俺がやっている仕事の中でどれは満足してやっているか、どれが生活のためか、どれが惰性でやっているかも多分わかっているだろう(だから口出ししないし、詮索しないのだと思う)。

で、そんな話をした後、妻が言う。

「で、今一番したいことは何なの?」

ほぉ。

したいことねぇ。

聞かれはしたが、即答に迷う。

野球選手になりたい!芸能人になりたい!

と言える年齢でもないし、

直木賞を取りたい!アカデミー賞を取りたい!

なんて語れる術は何もない。

「50歳だからねぇ」

その一言ですべてを片付けようとしたが、彼女が語り始めた。

伊藤忠信のこと。

そして安藤百福のこと。

伊藤忠信は55歳になってから測量の旅に出た。

そして17年かけて日本全国を回り、正確な日本地図を作り上げた。

当時は江戸。人生50年の時代。

もちろん交通機関などない時代に、55歳から72歳まで、人生の最後を日本地図を作り上げることに生涯を捧げた。

安藤百福はインスタントラーメンの生みの親。

48歳でチキンラーメンを完成させ、

56歳のとき、アメリカに視察し、そこでヒントを得てカップヌードルを完成させた。

また、歴史に名を残してるすごい人を例えに出したものだと思ったが、

50歳だからできない、50歳だからやらない、じゃないでしょってこと言いたかったわけね。

人生100年らしいからね。

今生きた分、生きれるんだったら、まだまだやりたいことやらなきゃいけないこといっぱいあるわな・・・。よしと。