老活 芸能人

氏神一番的老活

Pocket

イカ天出身のロックバンド・カブキロックスのリーダー氏神一番。

1990年「お江戸」でメジャーデビューしてから今年で30歳。

氏神一番は60歳になった。

60歳の今もライブ活動で全国を回る。

59歳の昨年も1年間で127本のライブをしたというからまだまだ若い。

老活は、60歳からの活動。それを意識して準備するのが50代から。

このブログではそう定義づけしているが、

一般人よりも若い芸能人の場合このサイクルも10年遅れているのかもしれない。

2月13日付の日刊ゲンダイでインタビューに答えた氏神。

体が動く70歳まではライブ活動を行い70歳からゆっくり自分のやりたいことをする。

のだそうだ。

70歳からの老活。

氏神一番の老活は、

・茶道をやりたい

・落語を極めたい

歌舞伎とロックの融合で活躍した氏神らしい老活に感じる。

ただこれらのことをゆっくりやるのは70歳になってから。

それまでまだまだ10年はロックの世界で暴れるそうで、

・2025年までにラスベガス公演を実現させたい

そうだ。

これだけ志の高い目標を持っている限りは

老化なんかしている場合じゃないだろう。