老活 生活スタイル

50歳からの小さなスタートが、60歳以降の充実を生む

Pocket

会社一筋の真面目人間。

趣味がほとんどなかった私の先輩の話です。

50歳の時、ふと思ったそうなんです。

「俺はそれなりの人生を歩んでいるつもりだが、それがどうしたっていうんだ」

もちろんだからって、今ある会社の地位や家族の事を考えたら、それを捨てて何かをするってわけにはいきません。

会社には満足しているし仕事も嫌いじゃない。

家族もうまくいっているし子供の成長は生きている証を感じるという。

だけど・・・

50歳の時ふと思ってしまった。

「このままでいいのか」

仕事⇒このままでいい

家族⇒このままでいい

だけど・・・

仕事は、あと10年もしたら定年になる。

家族も子どもが巣立ってしまえば妻と二人になる。

今の満足の先を考えると・・・。

彼はあるスポーツを始めました。

学生時代はスポーツをやっていましたが、

社会に出てからはほとんど運動はしていません。

「健康のために」

これをベースに、50歳から新たなスポーツを始めたのです。

奥さんと一緒に。

これまで奥さんとは年に何度か食事や映画に行く程度。

仲が悪いわけでは無いが、それほど会話の多くない夫婦だったそうですが、

自分がスポーツを始めることを伝えると、奥さんも興味を示したそうで誘ったそうです。

平日の夜1回と日曜日の午前。

週2日ずつですが、これまでにない新しい環境は刺激的だったそうです。

50歳から趣味でスポーツを始めた。

ただそれだけのことでしたが、生活にも張りが出てきたと言います。

 

50歳から新しいことを始める。

これはかなり勇気のいることであります。

だけどその始めるが、人生を大きく変えるような決断である必要はないのです。

スポーツを始める、

本格的な趣味を始める、

ボランティアに参加する、

 

そういうことでよいと思います。

 

50歳から新しいことを始めるというと構えてしまいそうですが、

50までにやってなかったことを何かしてみる。

それだけでも視野が広がります。

 

ちなみにその先輩。

今62歳なんですが、スポーツを続けています。

シニアの大会で県大会にも出場しているそうです。

奥さんもスポーツを続けているとのこと。

職場は嘱託になり、昔より時間に余裕ができたので

趣味に充てる時間も増えたそうです。

そんな先輩の言葉。

「50歳から始めてよかったよ。60過ぎてから新しいこと始めるって大変だろうし、あの時始めたから今はキャリア12年。50歳から新しいこと始めるっていいタイミングだと思うよ」

 

ですって。