Pocket

60歳からの人生何をするのか。
「これまでしたことのないことを始めたい」
の場合、

・英会話教室に通いたい
・囲碁を始めたい
・絵を描き始めたい

これらはあくまでも趣味としてなら問題ないでしょう。

ただし上のことを60歳までほとんどやっていないのに

・通訳になりたい
・囲碁の有段資格者になりたい
・画家になりたい

となるとかなりハードルが上がってしまいます。

ましてや60までほとんどしたことがないことを
60歳を機に職業にしたい、副業兼業にしたいといっても
そう簡単にできることではないでしょう。

「若い頃は気合でできた。60歳からのゼロからのチャレンジだって」

気持ちはわかりますが、気合いだけでは乗り切れません。

先ほども書きましたが、仕事にしたい、今後のライフワークにしたいというのではなく、
ただ趣味としてや、時間潰しの楽しみとして今までしたことのないことを始めるのは問題ありません。

だけど新しく仕事や兼業、ライフワークにしたいものなら
全くのゼロではなく、ある程度知識があるものの方がいいでしょう。

といっても若いころ野球やってから60過ぎても野球やるぞー
は難しいです。

野球やってたから体には自信がある、というなら60過ぎてもできるスポーツを50代から始め準備しておくといいでしょう。

パソコンを使った副業をしたいならそのイメージと可能性を50代からじっくりと広げていきましょう。

いまやっていることが10年後20年後に生きる、広がる。

そのイメージを持ちながら50代から新しいこと。

またはこれまで培ったことを広げる活動を始める。

それが60代になった時に生きる活動になるでしょう。