老活 生活スタイル

一人でできる日常の行動が10個は無いと、老活は暇になる

Pocket

現役時代、忙しかった人ほど、老後の悩みは「暇すぎる時間」なのだそうだ。

「定年したらゆっくりしよう」

とアフター5も週末も仕事や付き合いでびっしり動いていた人に限って

仕事と離れてゆっくりすると、今度は何をしたらいいかわからない。

「海外に旅行しよう」

「読書ざんまいしよう」

「釣りに行くぞ」

自分のしたいこと、好きなことはあるにはあっても

これまで時間刻みで働いていた行動していた人にとって

どこにも束縛されない膨大な時間は

「暇すぎて死にたくなる」

のだそうだ。

そうならないためにどうするか。

一人でできる楽しみを最低10は持っているべきである。

もちろん仲間と過ごす時間、

食事や飲み、趣味の集まり、時には学ぶなどそれも必要。

だけど他人が絡むことは、自分の都合だけではできない。

だから他人と付き合うもの以外に自分一人でできること。

有意義な時間潰し

ちょっと矛盾した言葉ですが、

この

有意義な時間潰しの術を

いくつ持っているかが老活を楽しく過ごせるかにかかってきます。

有意義な時間潰しって何よ?

思いつくまま書いてみます。

 

・毎日ブログを書く(老活するぞ、みたいなね)

・毎朝Cafeでモーニング。新聞と雑誌を読みながらのコーヒータイム

・株価チェックと経済動向をWEBや新聞で確認

・ウォーキング毎日60分

・読書(1日〇ページ、月〇冊とノルマを決める)⇒読んだらブログに書く

・ゴルフの打ちっぱなし

・庭いじり

・掃除(トイレ、書斎など曜日別に決める)

・メール送信

・テレビでニュースを見る。気になったニュースをネットで調べtweet

 

え、たいしたことしてないじゃん!と思うでしょ。

たいしたことはしなくていいですよ。老活ですから。

でもブログを書いたりメールを送信したりは脳を刺激し、

脳を活発にするため読書やニュース、新聞、株価のチェックをし、

カフェに行くため歩き、ゴルフとウォーキングで体を動かし、

庭いじりと掃除を仕事化させる。

多分これだけで朝8時から初めても終わるころには日が沈みます。

 

「暇すぎて死ぬ」

ことはないですよね。

人間暇すぎると、ボーっとしてどんどん脳も体も衰えてしまいます。

あれもしなきゃこれもしなきゃとやることがあると

脳も体も活発化するわけですから、

次はこれをしたい!

あれもしたい!と欲求も膨らみます。

 

ブログを書く

新聞を読む

株価を見る

 

こんなことかのようですが、

こんなことすらない一日を

ずーーーーっと続ける方が早く衰えちゃいますよ。

 

なるほどね。まっ面白いこと書いてんじゃね?

と思った方はワンクリックお願いします。

励みにします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 老い支度・老活へ
にほんブログ村