老活 生活スタイル

老後の友達、何人いる?

Pocket

あなたは今友達が何人いますか?

友達といっても

飲み友達

遊び友達

知人から親友まで幅広いと思いますが

今の友人や知人で老後も付き合いが続けられそうな人は何人いますか?

 

現役中はゴルフにお酒に麻雀と多忙だったのに

定年退職してからはすっかりご無沙汰になったという老人は多いと思います。

ゴルフもお酒も麻雀もみんな仕事の付き合い。

だから仕事がなくなれば、付き合いもなくなる。

老人に限らず、会社を変えた途端、今までの付き合いが途切れる。

独立した途端、連絡をしても連れなくなった。

所詮相手は俺の会社に興味があったんで俺に興味がなかったんだ・・・

なぁんて落ち込んでしまった人の話、よく聞きます。

 

その逆で、仕事を一緒にしている時は付き合いがあまりなかったのに

転職や退職してからの方が友達付き合いをすることが多くなったという人もいます。

 

それは仕事の損得関係なしに付き合いたい人。

趣味なのか、フィーリングなのか、何となくなのか。

仕事付き合いで出会った人とも

仕事を離れて友達付き合いができるケースが多いです。

 

あと車や保険、不動産や銀行などの付き合いのある営業マン。

営業マンにとってあなたはお客さんの一人過ぎませんが、

これも契約が切れた後や担当が変わった後、

意外とウマがあって友達付き合いをするというケースもあります。

 

現役時代は取引に有利だからとか

仕事上押さえておきたいという人と

飲みニケーションやコミュニケーションを結びがちですが

その先、仕事を度外視しても付き合いたい人。

あんがいあなたの身近にもいるはずです。

 

付き合いが終わったから名刺を捨てるのではなく、

仕事や取引が終わってから、逆にプライベートのその人の動向を見ていると面白いですよ。

 

そういった意味ではSNSで繋がっておくのはありですね。

 

FACEBOOKやインスタグラム、Twitterで繋がっておくことで

プライベートな部分も見せられるしみることができる。

 

仕事中には話さなかった共通の趣味があるかもしれないし、

あなたの書いた何気ない一言に、反応してくれるかもしれません。

 

仕事やお金が動く先の損得を超えたところに、

本当の老後の友達がいるかもしれませんよ。