老活 ファッション

60歳からはスーツを着る

Pocket

定年退職をして毎日家にいると、ついついラフな服を着てしまう。

ジャージのまま外出してしまったり、

特にサラリーマンで毎日スーツを着用していた人は

脱スーツになることで一気に老けて見られてしまうことがあります。

日曜日のお父さんのファッションがだらしない

みたいなテレビ番組が以前ありましたが

定年になると毎日が日曜日。

定年後のファッションも考えなくてはいけませんね。

60歳からスーツを着る

私事なのですが、一年間でスーツを着用する回数は

いいとこ2-3回。

年によっては一度もスーツを着ない日もあります。

講演会やちょっと下集まりの時にブレーザーを着ることはありますが

ネクタイを着用することはほぼ無し。

約50年生きてますがおそらくネクタイにスーツという格好は

冠婚葬祭を含めても100回未満だと思います。

正直おしゃれに無頓着。

服なんか着られればいいじゃん。

そう思ってこの年まで生きてきましたが、

だからこそ60歳を過ぎてからは、

ファッションについても考えていこうかなと思っています。

社会人になって定年まで毎日スーツを着ていた人が

定年とともにスーツを着なくなるなら、

スーツと無縁の生活をしていた私は

60歳になったら毎日外出するときはスーツを着よう!

そう考えています。

老活は老人になってからも刺激のある生活を送る活動。

私にとってそれは、スーツ着用が今までの生活と異なる刺激だなと考えています。